今話題のオール電化住宅
でも、それってなんのこと??
「それは給湯器と調理機器を電気に替えること」

オール電化Q&Aはこちら



  • 石油・ガスボイラーから
    エコキュートへ

    エコキュートとは

    大気熱でお湯を沸かす地球環境への負荷を抑えた自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機です。

    自然媒体とは

    一般に自然界に存在する物質で、可燃性、毒性もありません。また加熱能力に優れているため、外気温が -10℃※と低くても高温での貯湯が可能で、ヒートポンプ給湯機に活かすことができます。(※寒冷地仕様の場合は-20℃)

    圧縮機の仕組み

    気体は圧縮すると、どんどん熱くなる性質があり、ヒートポンプ給湯機はその原理を利用しています。圧縮機によって、CO2冷媒は約10MPaの圧力をかけられ、約100℃の高温になります。

    圧縮すると高温になります。

    膨張させると、低温になります。
    この圧縮・膨張の繰り返しでお湯を沸かします。

    空気でお湯を沸かす

    これまでのように火や電気の熱を使って直接水を温めるのではなく空気から熱を取り込んでこの空気の熱を利用する技術がヒートポンプ技術。

    エネルギー消費は 1/3

    電気「1」に対して空気の熱が「2」。つまり3倍の能力でお湯をつくります。(100円で300円の仕事) 圧縮して高温にする。この圧縮が電気の役割というわけで 電気の力は少しだけで済むわけです。

    地球にやさしい

    エコキュートは省エネにより、二酸化炭素の排出量を減らし、地球温暖化防止に貢献するだけでなく、オゾン層を破壊しないと点でも地球環境に配慮しています。
    これまでのヒートポンプ技術には冷媒としてフロンが使用されていました。
    エコキュートではこのフロンの代わりに自然界に存在する二酸化炭素を使っています。「冷媒」である二酸化炭素は空気から熱を吸収し、運び、熱を水に伝える役割を担っています。
    二酸化炭素はオゾン層を破壊せず、地球温暖化への悪影響が小さい理想的な冷媒。

    ランニングコストもお得

    エアコンや照明などのスイッチOFFだけが光熱費の節約ポイントではありません。
    「家庭」で使うエネルギーのうち給湯の占める割合は実に1/3。
    エコキュートは「空気の熱」を利用するためにこの給湯の部分を約1/3にまで省エネします。またエコキュートは安い夜間電力を使ってお湯をわかしておきます。空気の熱の利用と深夜電力の利用で、光熱費も大きく節約できるのです。

    Nationalエコキュートはこちら

    三菱電機エコキュートはこちら

  • ガスコンロから
    IHクッキングヒーターへ

    IH加熱の仕組み



    IHとは電磁誘導加熱(Induction Heating)のこと。磁力線の働きで、鍋自体をヒーターのように発熱させます。
    うずまき状のコイルから発生する磁力線によって上に置かれた鉄鍋の底に うず電流 を生じさせます。鉄は電気抵抗があるため、流れる電流が熱に変わり、鍋の底板が熱くなります。電磁調理器で使えるのは、鉄鍋、鉄ホーロー鍋、ステンレス鍋、鉄フライパンなどです。アルミ鍋が使えないのは、抵抗が少ないので電流は通っても充分な発熱が得られないからです。

    お手入れ簡単



    表面に凹凸がないため、調理が終わった後は、さっとひと拭き。ゴトクの油汚れ掃除はもう必要ありません。また使わないときは、調理の準備スペースにもできます。

    安心



    火を使わないから安心!うっかり消し忘れた時や、鍋の温度が異常に上昇したときなどは、自動的にOFF。また、使用中は火加減が上面に表示されますので、かがまなくても火加減がわかります。

    ハイパワー

    3KWという強火火力。熱のムダがない分、この火力をダイレクトに食材へと集中させることができます。中華料理がシャキシャキに仕上がります。
    湯沸かし時間の比較(20℃の水1Lを90℃にするための時間)

    料理上手

    温度調整もワンタッチ。しかも、設定温度を一定に保ち続けるので、揚げ物の苦手な方にもぴったりです。
    とろ火から強火までスイッチひとつ。長時間のとろ火も一定の火加減をキープし続けます。タイマーを使うと便利です。もちろん「立ち消え」の心配もありません。

    省エネ

    ガスコンロに比べて、鍋そのものに熱を伝えるため熱が外に逃げることがありません。高い熱効率(90%)と強い火力を発揮しますので、スピード調理でムダな光熱費をカットできます。

    清潔

    家の中で火を使わないので、二酸化炭素や結露のもとになる水蒸気などの排気ガスが発生せず、室内の空気を汚しません。
    また、水蒸気を含んだ油煙やススの巻上げがなく、換気扇のベットリといした油汚れも少なくなります。
    上昇気流の比較(上昇気流スペクトル図)

    コンロのまわりの上昇気流は、鍋上方周辺部ではガスコンロの方が大きな上昇気流が見られます。(油の飛散については、この上昇気流が影響しています。)

    NationalIHクッキングヒーターはこちら

    三菱電機IHクッキングヒーターはこちら